水道部門キーワード集

 

水道部門は、3つの選択科目があります。キーワードの数は200個を超えています。時間に余裕があれば、全てのキーワードに対して解説を記述して下さい。しかし、時間が足りないと思う方は、180個程度までなら削除しても大丈夫だと思います。

 

ここで公開しているキーワードは、過去問からの抽出ワードがほとんどです。また、頻出しているワードを選んでいます。ですが、あくまで基本と考えそこから先はご自分で応用して作成して下さい。また、語順は、エクセルで整列をかけただけです。重要度や試験の頻出度ではありません。誤解の無いようお願い致します。

  1. 2-メチルイソボルネオール
  2. BOD
  3. COD
  4. DO
  5. ISO14000s
  6. ISO9001
  7. LCC
  8. MLSS濃度
  9. PFI法
  10. pH調整剤
  11. PRTR制度
  12. PSI
  13. SPIRIT21技術
  14. SRV
  15. SS
  16. TN
  17. TOC
  18. TOD
  19. TOX
  20. VFM
  21. WHO飲料水水質ガイドライン
  22. アカウンタビリティ
  23. アルカリ性発酵期
  24. アンモニア
  25. アンモニア性窒素
  26. ウイルス
  27. ウォーターハンマー
  28. エアレーション
  29. エポキシ樹脂塗料ライニング工法
  30. オゾン処理法
  31. キャリーオーバー
  32. きょう雑物
  33. クリーン開発メカニズム
  34. クリプトスポリジウム
  35. クリプトスポリジウム暫定対策指針
  36. クロロ酢酸
  37. ジェット工法
  38. ジオスミン
  39. ジクロロ酢酸
  40. スクレーバ工法
  41. ストークスの式
  42. ストックマネジメント手法
  43. ダイタイル鋳鉄管
  44. トリハロメタン
  45. トリハロメタン前駆物質
  46. バイオマス
  47. バックアップ機能
  48. パブリックインボルブメント手法
  49. ヒートアイランド現象
  50. フロック
  51. ほう素
  52. マイクロセル腐食
  53. ミクロセル腐食
  54. メチルメルカブタン
  55. モリブデン
  56. モルタルライニング工法
  57. ライフライン施設
  58. らん藻類
  59. ろ過水のSS濃度
  60. 亜硝酸性窒素
  61. 一日最大吸水量
  62. 陰イオン界面活性剤
  63. 雨水管きょ
  64. 雨水浸透型施設
  65. 鉛直傾度
  66. 塩素酸
  67. 塩素消毒強化
  68. 汚濁解析手法
  69. 下水道の普及率
  70. 下水道維持管理高度化ガイドライン
  71. 下水道光ファイバー網整備
  72. 下水道中期ビジョン
  73. 下水道電力消費量
  74. 加水分解
  75. 過マンガン酸カリウム
  76. 活性炭素処理法
  77. 環境マネジメント
  78. 環境影響評価
  79. 環境基準
  80. 環境基本法
  81. 環境白書
  82. 環境保全
  83. 管内堆積物
  84. 管網設計
  85. 管路診断
  86. 簡易水道事業
  87. 還元及び分解量
  88. 危険分散
  89. 既設管内巻込工法
  90. 既設管内布設工法
  91. 既設管破砕推進工法
  92. 既設管路更生工法
  93. 機能分散
  94. 逆流防止機能
  95. 急速ろ過法
  96. 京都議定書
  97. 共同実施
  98. 凝集沈殿処理
  99. 金属塩
  100. 計画排水量
  101. 嫌気好気活性汚泥法
  102. 嫌気性芽胞菌
  103. 嫌気無酸素好気法
  104. 原水調整池
  105. 原虫類
  106. 固定床型ろ過施設
  107. 合成樹脂管挿入工法
  108. 合流式下水道
  109. 黒水
  110. 砂単層ろ過池
  111. 最終沈殿池
  112. 酸化及び同化量
  113. 指定化学物質取り扱い業者
  114. 指標菌
  115. 糸状性微生物
  116. 紫外線処理
  117. 紫外線照射
  118. 紫水
  119. 次亜塩素酸ナトリウム
  120. 臭気強度
  121. 臭気指数
  122. 臭気濃度
  123. 臭素酸
  124. 充填塔式生物脱臭法
  125. 重力式下向きろ過
  126. 循環式硝化脱窒法
  127. 初期吸着
  128. 小水力発電設備
  129. 消毒副生成物
  130. 硝酸性窒素
  131. 浄化汚泥の有効利用
  132. 蒸発散量
  133. 深井戸のさく井工法
  134. 水温躍層
  135. 水管橋
  136. 水質汚濁防止法
  137. 水質改善アクションプログラム
  138. 水質管理目標設定項目
  139. 水質基準項目
  140. 水車効率
  141. 水素イオン濃度
  142. 水道におけるアセットマネジメント
  143. 水道の省エネルギー対策
  144. 水道ビジョン
  145. 水道汚泥の減量化
  146. 水道施設耐津波対策
  147. 水道配水用ポリエチレン管
  148. 水道用資源
  149. 生態系保全
  150. 生物学的窒素除去法
  151. 生物活性炭素処理法
  152. 生物処理法
  153. 青水
  154. 赤水
  155. 全国下水処理施設数
  156. 多層ろ過池
  157. 大腸菌
  158. 第一種指定化学物質
  159. 第二種指定化学物質
  160. 貯水循環
  161. 超音波流量計
  162. 沈降速度
  163. 沈殿機能
  164. 沈殿池
  165. 電食
  166. 道路陥没事故の未然防止対策
  167. 二硫化メチル
  168. 日本の平均降水量
  169. 粘性係数
  170. 農薬
  171. 排出量取引
  172. 配水幹線の相互連絡施設
  173. 配水管クリーニング
  174. 白水
  175. 被覆材管内装着工法
  176. 標準活性汚泥法
  177. 表面負荷率
  178. 富栄養化
  179. 腐食性土壌
  180. 負荷率
  181. 伏越し管きょ
  182. 放線菌
  183. 膜処理法
  184. 無効水量
  185. 有機膜と無機膜
  186. 有効水量
  187. 有効率
  188. 有収率
  189. 遊離残留塩素
  190. 揚水機能
  191. 溶解性有機物
  192. 流域別下水道総合計画
  193. 流入水のSS濃度
  194. 硫黄塩還元細菌
  195. 硫黄酸化細菌
  196. 硫化メチル
  197. 硫化水素
  198. 硫酸塩還元細菌
  199. 粒状活性炭設備

 

その他のメニュー

コース一覧と料金

コース料金

サービスメニューと料金一覧です。

Q & A

Q&A

一般的なご質問はこちらです。

お問い合わせはこちらです

お問い合わせはこちら

疑問があればなんでもどうぞ。