技術士Lock-On:二次試験対策講座

お気軽にお問合せください

090-5341-7697

メール+Skype(予約制)の指導

メール+チャットワーク(予約制)の指導

試験勉強は孤独なものです。家族でさえ理解してくれることはあまりありません。子供は当然ですが、奥様で「技術士」を知る人は希です。

また、大都市近郊に住む方は、大手の技術士受験講座のセミナーなども受けられますが、大都市から遠くに住む方はセミナーを受けるだけでも大変な負担となります。さらに、大勢で一度に受講するセミナーは、仲間が大勢いることを認識でき、モチベーションの維持には繋がりますが、個人的な勉強の悩みには対応できません。本講座を開設する際、私が考えたのは遠隔地に住む方も不利にならず、また、少しでも負担を減らすことができる指導方法は何かということでした。

私が、考えた答えは論文の解答に対する添削指導とチャットワークによる1対1の個別指導です。原則は、1回45分で月に2回ですが、これはあくまで原則です。勉強があまり進まないと思われる方には個別の対応もいたします。

本講座では、受験申込み書を書く段階でSkypeを使った指導を行います。「合格したい」と本気で願っている方を「合格させたい」と思っているからです。

キーワード作成のデータベース

受験者の少ない部門の網羅したキーワード集は、誰でも無料でお使い頂けます

記述試験の対策は、キーワードの抽出から始まります。抽出する数は200個を推奨しています。また、今後も常に見直します。

200個のキーワードに対してご自身で解説集を作成するのですが、これは自分でやるしかありません。しかし、キーワードの抽出は過去問題からの抽出がメインであり、勉強と言うよりも作業に近いものです。作業時間は短くし勉強時間を増やす方が合理的な試験勉強です。

とくに、受験者数が500名を割る受験部門では、市販されている図書も少なく過去問題集なども販売されていません。技術士会のサイトからダウンロードできる過去問題だけが頼りです。

作業は、私が引き受けます。受験される方は、それをアレンジする程度にキーワード集を作成し解説集を作って下さい。作業時間は、大幅に短縮できるはずです。貴重な時間を活かし、勉強時間を確保して下さい。

コーチング+心理カウンセラー

技術士受験を考える方は、第一線で活躍するエンジニア、あるいはそのエンジニアを管理する監督者の方でしょう。とうぜん、日頃の業務も激務です。時間が有り余るということはないはずです。そのため、受験申込書を提出した時はモチベーションが高くても、仕事に忙殺され疲れた時などは自分自身に言い訳し、勉強を続けることを諦めます。

私は、工場の責任者として20年以上業務を行う中でコーチングを学び、ファシリテーションを学び、心理カウンセラーの講座を受講してきました。それらの技術、手法が全ての方にマッチするわけではないのですが、ご自分のモチベーションに悩む方には有効な場合は多くあります。本講座では、Skypeの指導を行う際にコーチングや心理カウンセラーの手法を使います。

短い期間だけやってみる

技術士2次試験は4月中に申込みます。

試験日は平成25年から変更になり、7月の第3月曜日である、「海の日」を使った、日曜と月曜が試験日です。

総合技術監理部門は、「海の日」前日の日曜日。

全部で20ある一般部門の試験日は「海の日」の祝日です。

私は、受講された方全てに学習計画を立てるところからスタートして頂きます。

技術士試験は、ある意味あなたの人生にとって大きなプロジェクトです。

総監部門までの取得を考えておられるなら、2年あるいはそれ以上の長い計画になります。

思いつくまま、行き当たりばったりでは、プロジェクト管理ができません。

自分の生活習慣、仕事の時間、家族との関係、人様々ですが、現状をしっかりとらえ、それを学習計画に反映させて下さい。

もう一つ、まだ技術士になる前から、技術士になってからやりたいことを書き留めましょう。

定年後の独立でも結構です、APECエンジニアになるのでも結構です。

学会での論文発表も良いでしょう。それらを書き留めているうちに、自分の中の「なぜ技術士になりたいか」が明確になってきます。

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

まず、当サイトをご覧下さい。

Q&Aなどはよくご覧下さい。

受講されてから、「思っていたのと違う」と仰る方も希にいます。

基本的に通信講座です。

特に首都圏から遠い方を応援するためにこの講座を考えました。

私自身の受験当時、私は埼玉ですから東京で開催される講座を受講するのはそれほど大変ではありませんでした。しかし、会場へ行くと北海道から九州まで遠方から参加されている方が大勢いらっしゃいました。

地方の方の不利を無くした方が良いと考えて、ITツールを使って少しでも負担の軽い講座を作ろうとしました。

先ずは、お問い合わせください。

初めての方も、再挑戦の方も応援します。

 

無料相談

お客さまとの対話を重視しています。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。

1回45分程度までですが、Skypeの面談と1回の添削まで、無料で対応いたします。

まず、メールで面談の日時を決めます。添削を先に行った方が良いと思いますが、順番は問いません。1回の添削と1回のSkype面談を行ってから受講するかどうかを決めて下さい。

ここまでは、全て無料です。

ご契約

弊社はフォロー体制も充実しております。

納得されて受講される方は、メールでご連絡下さい。弊事務所の口座番号をご連絡します。振り込みが確認できましたらすぐに指導開始です。その際、かんたんな契約書にご署名頂きます。

また、受講後のやりとりはチャットワークを使用します。資料のアップロードなどもメールと異なりスムーズです。

コースの説明

ここでは弊社サービスの料金についてご案内いたします。

基本料金表
筆記試験対策講座

各コースの違いは添削回数と特典です。

Aコース:毎月6回の添削コース

1月1日~7月10日頃まで。

全部で42回の添削コース。

申込み書も制限無し。

 

Bコース:毎月3回の添削コース

1月1日~6月30日まで+2回

全部で20回の添削コース。

申込み書も制限無し。

 

長期コース:毎月4回の添削コース。

前年10月1日~6月30日まで。

全部で36回の添削コース。

申込み書も制限無し。

 

短期コース:3ヶ月で15回の添削コース。

5月1日~7月10日頃まで。

月の制限はありません。

申込み書の添削もありません。

 

受講料は、コース一覧をご確認ください。再受講の方は割引があります。

 

ステップメール講座(2016年10月スタート)

日本で初めての技術士2次試験対策に特化したステップメール講座です。

ステップメール講座は、更新を重ね、平成31年度試験に対応となりました。

バージョン2.5です。

昨年のVer2.0に新しく追加したものですから、全面改定ではありません。

そこは、ご了承ください。

その代わり

ステップメール講座Ver2.5は、3,000円で受講できます。

口頭試験対策講座

講師が増えましたので、それぞれの講師が東京、大阪、名古屋などで口頭試験講座を開催します。

講座の性質上、人数制限がありますので、ご注意ください。

スカイプなどを使用した講座も開催予定です。

 

プレゼン資料作成講座

こちらは、私が講師ではありません。

プレゼン資料作成の講師をご紹介致します。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

その他のメニュー

コース一覧と料金

サービスメニューと料金一覧です。

Q & A

一般的なご質問はこちらです。

お問い合わせはこちらです

疑問があればなんでもどうぞ。