講師紹介

代表者の名前を記載

資格

技術士:平成24年度・総合技術監理部門

技術士:平成24年度・機械部門(加工・FA)

甲種危険物取扱者(平成19年)

第一種衛生管理者(平成19年)

他IT・パソコン関係の資格多数

経歴

昭和62年11月 医療機器メーカに入社
平成3年11月 工場長就任
平成26年6月 退社
 

ごあいさつ

技術士を目指すエンジニアのみなさん、こんにちは。

機械・総監部門の技術士「匠 習作」(たくみ しゅうさく)です。

この名前、ビジネスネームです。ただ、ひじょうに気に入っています。技術士試験の対策講座は会社員時代から始めたため、この名前で本も出しました。

そのため、今でもこの名前で活動しております。

私は、安全で、快適な持続性のある社会を作ること、それが技術士に与えられた使命だと思っています。

資格取得は、通過点に過ぎません、社会は、みなさんの、科学技術に関する高度な知識と応用能力を待っています。

合理的に計画し、効果的に試験対策を進めて早く「技術士」を取得しましょう。そして技術士として活躍して下さい。

平成30年度講座からの新講師

経営工学部門技術士技術士:TK
生産マネジメント
他、QC検定1級

技術士を目指すエンジニアのみなさん、こんにちは。

私は経営工学部門の技術士、TKです。

技術士二次試験の合格率は毎年10%台です。私はH28年度、36歳の時に合格しました。最近では30歳くらいでも合格出来るようです。

技術士二次試験は本当に難しい試験なのでしょうか。私はそうではないと考えます。なぜなら普段の業務が技術士試験の勉強に直結しているからです。仕事が勉強となるので、試験のためにわざわざ受験勉強をする必要がないのです。

そして技術士二次試験(筆記試験)合格に必要なものは、専門分野の知識、専門分野の経験、考える力の3つです。普段の業務でこれらを意識していれば、決して難しい試験ではありません。技術士二次試験大綱にも、専門知識及び応用能力並びに課題解決能力について問うと書かれています。したがって、受験対策は今まで業務で学んだことを洗い出し、論文が書けるようにすることなのです。

次に技術士になるとどのようなメリットがあるのか考えてみます。直接的なメリットがあるのは建設部門だけなのでしょうか。そんなことはありません、私は大成功している技術士の方を何人も知っています。また名刺に技術士の名称を表示すると周り人の目が違います。私も技術士になり改めてそれを実感しました。更に技術士であればこそ、書籍の執筆やセミナー講師に留まらず、様々なチャンスが巡ってくるのです。

直接的なメリットが分からなくても、試験合格が自信になり自分自身の誇りになり、今後の人生における困難を乗り越える原動力にもなります。

私は人生をよくするための手段が技術士であると思っています。また多くの技術士の方も『技術士になることは次のチャンスを得るためのパスポート』と言っています。

私達は合理的かつ効果的な試験対策のお手伝いを致します。技術士となって一緒に活躍しましょう。

その他のメニュー

コース一覧と料金

サービスメニューと料金一覧です。

Q & A

一般的なご質問はこちらです。

お問い合わせはこちらです

疑問があればなんでもどうぞ。